高槻スクランブル

昔ながらの駄菓子屋シリーズ『ふみや』高槻市安岡寺町

time 2015/06/10

トップ画像
こんにちは、高槻みなせです。忙しい日々の中で、ふと現実に目を背けると蘇る幼少期の記憶。100円片手に通ったお店。そう、駄菓子屋さんです。だがしかし!最近ではこういった店もめっきりと少なくなってしまいました。そこで今回は、高槻にある昔ながらの駄菓子屋さんをフューチャーしようと思います。個人的にも、懐かしの駄菓子屋さんは今後も残って欲しい。応援する気持ちを最大に込めて記事を書いていきたいと思います!
photo credit: 川越_涼004 via photopin (license)

sponsored link

ふみや

ふみや店頭
高槻市安岡寺町にある「ふみや」さんは昭和47年創業、今年で43年目を迎える老舗駄菓子屋さんです。現在の女性店主は3代目。子育てをしながら34年「ふみや」を守ってきました。それと同時に、店主さんは安岡寺町の移り変わりも見てきました。言うなれば地域の母のようなものです。人のつながりが希薄になっている現代だからこそ、こう言った駄菓子屋さんがより一層素敵な場所に思えてきます。

店内の様子

ふみや1
ふみや2
ふみや3
ふみや4
これぞ駄菓子屋!という感じですよね。しかし、「ふみや」さんは駄菓子に限らず、文房具や日用品、珍しいところでいうと、生卵までも扱っています。私が「ふみや」さんを訪ねた時も、近所の方が卵を買いに来ていました。こういった品揃えの背景には、坂道の多い安岡寺町の土地柄も関係しているかもしれませんね。足りないものがあれば歩いてすぐ「ふみや」で買える。地域住民のライフラインとして欠かせないお店となっているようです。

優しい店主さん

私も精神年齢はともかく、実年齢は大人なので、子供の頃にできなかった大人買いをしました。欲しいものを値段を見ずにかごに入れる。なんという快感でしょうか。水風船だってきっと使わないのにサクッと買えます。
ふみや5
買い物中は店主さんとの会話もとても弾みました。「これがおいしいですよ」とか「こういうのがありますよ」とか「これたべてみて!」とか「昔はビックリマンチョコが・・・」とか。懐かしの駄菓子トークを堪能しました。そして、お会計も昔ながら。レジはあるのですが、使いません。「10円・・・30円・・・40円・・・」店主さんはすべての商品の値段を覚えておられるので、その場で足し算しながら袋に入れてくださいました。そして日頃の行いが良い高槻みなせは、消費税分おまけしてもらいました。ありがとうございます。

駄菓子1
大人買いしたつもりが、たったの400円!これぞ駄菓子プライスです。まぁ安すぎて妖怪ウオッチのシールとか無駄に買い足して400円にしましたが・・・。

ふみや店舗情報

それでは、「ふみや」さんの店舗情報をお伝えしましょう。

営業時間

7:00〜19:00

定休日

木曜日・第4日曜日

アクセス

〒569-1029 大阪府高槻市安岡寺町4丁目36-5
TEL:0726883476
駐車場はありません。ご注意ください。
バスでお越しの際は、JR高槻北バス乗り場から54番、上の口行き「松が丘」下車徒歩3分です。バスを降りて信号機まで戻り、東に坂道を下ると道路沿いに見えてきます。北清水小学校の向かい側です。(53番60番など、原方面のバスも「松が丘」に止まります。)

さいごに

「ふみや」さんは店構えも品揃えも、そして店主さんも本当に素敵なお店です。ぜひとも一度足を運んでいただき、幼き頃のノスタルジーに浸ってほしいと思います。

The following two tabs change content below.
高槻みなせ

高槻みなせ

高槻スクランブルの管理人。愛用の歯磨き粉は1800円。

sponsored link

当記事は取材時の情報を元に作成しています。時間の経った記事は、内容が変更されている場合がありますので、 店舗等をご利用される際は、電話等による確認をお願いします。当サイトについてはコチラをご覧ください。

down

コメントする




おすすめ

イベント

グルメ

ストア

スポット

旅行

雑記

カテゴリー

アーカイブ

スタンプ作りました!



sponsored link