高槻スクランブル

高槻のおしゃれなパン屋さん『Rubato』に行ってみた話。

time 2015/06/19

るばーと1
こんにちは、高槻みなせです。今回は、高槻で見つけたおしゃれなパン屋さんを紹介しようと思います。

sponsored link

Rubato pane factory 〜パン工房るばーと〜

るばーと2
「るばーと」は高槻市真上町にある創業5年のパン屋さんです。こじんまりとした店構えがとても可愛らしいお店です。内装もさることながら、販売しているパンがとってもおしゃれです!ご紹介していきましょう!

おしゃれなパンたち

IMG_3868

IMG_3869

IMG_3870

IMG_3872

IMG_3873

IMG_3874

IMG_3871

IMG_3875

IMG_3876

IMG_3877
とってもおしゃれで美味しそうですね!こちらのお店では1日に何度もパンを焼いているそうで、時間帯によってパンの品揃えが違います。また、新商品の開発にも熱心で、お客さんを飽きさせない工夫をしておられます。ちなみに人気商品は食パンとのことで、私も買って食べてみました。焼いて食べたのですが、外はサクッと中はもっちりという感じ。明らかにスーパーで売っている食パンとはひと味違う丁寧な作りで美味しかったです。また、単独写真を撮り忘れてしまったのですが、上にある写真の食パンの左に置いてあるパンがとても美味しかったです。パンをかじるとハーブの香りが広がり、どことなくスパイシーな風味です。しかし、味はどちらかというと淡白で、小麦を味わえます。かと思いきや、パンには珍しく、塩の結晶?が振りかけられているので、その部分に来るとしょっぱおいしいのです。一つでいろいろな味を楽しめる素敵なパンでした。おすすめです!名前忘れましたが!

お店について

「るばーと」はアットホームなお店です。アットホームと言ってもブラック企業という意味ではありませんよ。本当に家族経営のお店で、ご夫婦とその娘さんで経営しておられます。私が、伺わせていただいた時は、娘さんとお父さんとパートの方がいらっしゃいました。娘さんはおそらく20代くらいでしょうか。20代といえば、まだまだ遊びたい盛りですし、なんなら「お父さんのパンツと一緒に洗濯しないでって言ったでしょ!!」と父親を避けていてもおかしくない年頃です。そう考えると、家族で一緒に働いている光景はとても微笑ましいものでした。店内からは父娘で真剣にパンを作っている様子も垣間見えますので、是非あたたかい目で見てください。

るばーとの意味

るばーとの意味はですね・・・知らないです。でも、おそらく音楽用語だと思いますね。意味はざっくりですが、自由に演奏するという感じです。要は「形にとらわれないパンを作る」的な感じでしょうか。店内に並ぶパンもオリジナリティ溢れる創作パンばかりだったので、名前の意味とピッタリです。と言ってもお店の方に聞いたわけではないので、間違っていたら普通に恥ずかしいです。わりとドヤ顏で書いているので・・・。

Rubato店舗情報

それでは「Rubato」店舗情報をお伝えします。

定休日

日曜日・月曜日・第1火曜日

営業時間

11:00〜18:00
土曜日のみ10:00〜18:00
※ただし、パンが売り切れた時点で閉店となります。日によっては17時までに閉まる時もあります。
るばーと2

アクセス

〒569-1121 大阪府高槻市真上町2丁目11−13
TEL:072-682-6063
駐車場はお店を正面から見て右に10mくらい?に2台分あります。すぐ横の空き地は違いますので注意してください。

さいごに

私が伺わせていただいた時もお客さんが次から次へと来店していたので、リピーターが多いようです。パンの種類もとても多く、選ぶのに困ってしまうくらいです。ですが、それもまた楽しいですね。是非みなさんも興味があれば、足を運んでみてはいかかでしょうか。

The following two tabs change content below.
高槻みなせ

高槻みなせ

高槻スクランブルの管理人。愛用の歯磨き粉は1800円。

sponsored link

当記事は取材時の情報を元に作成しています。時間の経った記事は、内容が変更されている場合がありますので、 店舗等をご利用される際は、電話等による確認をお願いします。当サイトについてはコチラをご覧ください。

down

コメントする




sponsored link

おすすめ

イベント

グルメ

ストア

スポット

旅行

雑記

カテゴリー

アーカイブ

スタンプ作りました!